サイト内検索:

演奏会をうまく運営するためのキホン その1:コンセプト・場所・曲目



いままでやってなかったけど、
今年から自分たちでコンサートをひらいてみたい! とか、
先輩たちから全然引き継ぎしてないのに
定期演奏会やんなきゃなんない、どうしよう! とか、
経験者がいないとコンサートの企画制作・当日の采配なんかは、
とかく苦労が多いもの。
なにから始めたらいいのか、なにが必要で、なにに気配りしなくちゃならんのか、
ポイントを押さえて追っていってみましょうというのがこの記事。
すべては当日の成功と、楽しい打ち上げのために。

 

 ~見出し~ 

 

  1.演奏会のコンセプトをきめる
  2.場所を決め、準備する
  3.曲目と曲順を決める
  4.チラシをつくる、チケットをつくる、宣伝する
  5.対外手続きをする
  6.役割分担
  7.当日配布の印刷物
  8.当日必要なあれこれ
  9.リハーサル(練習という意味も、ゲネプロという意味もこめて)
  10.いよいよ本番日!


  ※資金繰りやチケット販売計画・広報宣伝などについては、
  これだけで充分難儀なものなので、
  ご要望があればまた別立てでやります)

  ※※マーチングの本番については管理人の知識の範疇を大きく越えるため
  申し訳ないですがまたの機会に。(取材させていただける方、ボシュウ!)


1.演奏会のコンセプトをきめる(~半年前)


何のための演奏会なのか、を明確にしましょう。
できれば会議をして、皆で目的を共有しましょう。

一年の総決算となる定期演奏会だとか、
少人数のアンサンブルで、地域のデイサービスセンターで行う慰問演奏だとか、
演奏会といっても様々な目的があるはずです。
途中で意見が錯綜・混乱しても、演奏の目的をはっきりさせておけば、
軸はぶれないはず。

「なにがしたいのか」「なにを求められているのか」を、きちんと
できれば演奏会に関わるひと全員に徹底させておきたいものです。
定期演奏会など、毎年おこなっている演奏会でも、
コンセプトの上では、細かな意見の食い違いがあるかもしれません。
ですから面倒でもこの作業をしておいたほうがいいです。


2,場所を決め、調べる(~2ヶ月前)

        
吹奏楽はオーケストラと違って、野外でもへっちゃらで演奏できます。

野外だろうが(…木管楽器には日影の方がいいけど)、
室内だろうが(…あんまり狭くなければ)、
ピアノもいらないし(…どうしてもやりたい曲に入ってる場合を除く)。
あれ? あんまりどうでもよくなくなってきた?
そう、現代の吹奏楽の場合、よりよい演奏をしたいと思ったら、
場をどこに設定するかというのは、すごく重要なのです。

でも、吹奏楽団が演奏をしたい・依頼される場所というのは、
上に挙げたように、本当にいろいろ。

初めての場所で演奏をするときには、
可能なかぎり、場所を下見しましょう。
よく知っている場所だとしても、そこで演奏したことがないならば、
実際に楽器を持って行って、吹いたり鳴らしたりしてみましょう。

※無料の場所なら良いのですが、
お金を払って借りる場所、文化会館やコンサートホールの場合は、
下見のまえに予約など、この後の『5,対外手続きをする』が発生してくるでしょう。

ただ音をだすだけでなく、何を見ておけば良いのでしょうか。
調べたいことは、だいたい次のような感じ。

音がどのくらい響くか、響かないか…


 狭い部屋では音がうるさく感じられることも。
 反対に野外では、どのくらい響かないかが気になるところ。
 場所によってはPA(=音響設備…マイク・スピーカーなど)の使用を
 検討することになるかもしれません。
 もし当日までどうしても行けない場合は、せめて写真で確認。
 
 …じゅうたん敷だと布地が音を吸ってしまいます。
   フローリングの場所のほうが良く響きます。
 
 …天井の高さが低すぎると音が、窓にカーテン多いのかなどは、
   響きにとても影響するので、ぜひとも確認したいところです。

 いちばん良いのは、そこで開かれるコンサートを聴きにいくこと!
 吹奏楽だとなお良いですが、どんなジャンルでも。
 タイミングよく演奏会があり、チケットが手に入るなら、ぜひとも下見を兼ねて
 聞きに行きましょう。

舞台の大きさ…


 奏者が無理なく全員のるか、パーカッションの動けるスペースがあるか。
 横幅と奥行きをチェックしましょう。
 あまり奥行きの無いところだと演奏しづらいです。
 横幅はイスの並べ方に大きく影響します。
 下見の際はメジャー必須。場所の見取り図があると、なおよいですね。
 ひな段があるかどうか、組めるのかも、重要なことです。
 振り付けのある曲をやりたい場合はそのぶんのスペースも。

運搬の問題…


 コンサートホールなら搬入口の大きさや、
 停められるトラックの台数、大きさをチェックしましょう。
 ビルの最上階なのにエレベータが人用しかないとか(ティンパニ不可か?!)、
 階段しかないとか(運搬人数を強化せねば)、
 搬入口から舞台が遠いとかドアが小さいとか…
 これもやっぱり実際に見るのがいいと思います。

なお余談ですが、
着替えや準備のために楽屋が用意できそうなときはぜひ検討しましょう。
(余分に料金がかかることもあるので、そこは確認を)。
指揮者やゲスト、ソリスト、司会者には個室があるのが一般的。


3,曲目と曲順を決める(~3ヶ月前)


練習の合間にきちんと時間をとり、曲目会議をやったほうが
しっかり話し合いができるでしょう。
もし途中で意見の食い違いが出てきたら、
1.で共有したコンセプトに立ち返りましょう。

また、『4,チラシをつくる、チケットをつくる』が同時に進んでいて
入稿が迫っているなどの場合、主な曲目のみでも決められれば、曲目が掲載できます。

演奏時間


 曲目会議の際、大事なのが、各曲目にかかる時間(分数)です。
 この演奏会は、何時に始まって、何時に終わるようにしたいのか。
 何時までに撤収を完了しなくてはいけないのか、という情報をもとにして、
 休憩の時間や転換にかかる時間、司会のしゃべる分量など計算に入れて
 純粋に曲を演奏できる時間を割り出しておきましょう。
 時間貸しのホールでは、片付けが長引いたりして規定の時間をオーバーすると
 延長料金が発生することもありますので、ご注意を。

 大原則。どんなに頑張っても、分数は伸びます。押します。
 転換に時間がかかったり、先生の一言が長かったり、
 タイトに時間を組むのは百害あって一利なし。
 あれもこれも! と詰め込んで時間ギリギリにした演奏会が
 成功することは、難しいものなんだということは、肝に命じておいてください。

舞台転換


 舞台転換には、思っているより多くの時間がとられるものです。
 また、曲の順番に大きく左右されるものでもあります。
 打楽器はなるべく動かさなくて済むように配置を考える必要があるでしょう。
 ポップスステージなどで部員がダンスや演出をする場合、
 衣装を着替える算段も考えておきましょう。
 長く転換のかかる部分は、司会のネタを何かつくっておくのがいいかも。
 指揮者へのインタビューを長めにとるとか、祝電を披露するとかが
 手堅いところですね。
 ゆとりのあるタイムスケジュールが組めれば、
 舞台裏をギスギスした空気にしちゃう確率が、かなり減ります。

さてこのへんで、スクロールバーも長くなってきましたし、
いったん区切りと致しましょう。
次回は、『4,チラシをつくる、チケットをつくる』 からです。




このページのタグ:
】【】【